TVKテレビの新車情報を斬る!

三本さんと三清さんの新車情報が大好きで長年メルマガを発行していた筆者のブログ

日産・アベニールサリュー Vol.4 (1998/10/28)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 『TVKテレビの 「新車情報’98」 を斬る!』
         Vol.4 (1998/10/28) 毎週発行
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★10月26日放映
【日産・アベニールサリュー】

今回の放送も先週同様、キャスターを勤めたのはモータージャナリストの星島浩さんでした。試乗レポートは三本さんでしたが、せっかく、このメルマガも盛り上がってきたところなのに、三本さんが休んでばかりでは勢いに欠けてしまいます。

しかしその分、三清さんが慣れない星島さんのフォローにまわっていて、燃費や騒音の報告など、喋る機会が多いです。いつもは三本さんに押されぎみですが、留守のときは三清さんが番組のイニシアティブをとっている感じでいいと思います。今回の装いはビビットな真っ赤な服で、クリスマス気分先取りといった感じでした。

さて、アベニールサリューの映像が見たい方はこちら
http://www.nissan.co.jp/COMPASS/AVENIR/
をご覧ください。

アベニールのグレードはピンキリあるようですが、今回紹介された車は中間の売れ筋(?)モデルのようです。

DOHC4気筒、1.8リッターで、125ps、トルクは16.4Kgで、
10・15モード燃費は12.8Km/Lと公表されてます。価格は184.9万円です。

三本さん達のロケの満タン法で計測された燃費は、

11.0Km/L でした。時速100Km走行時の騒音は64~65dBでした。

試乗レポートでの三本さんのコメントは、新開発エンジンの特性が大変いい、とのことです。

私はあまりメカには明るいほうではないので、半分くらいしか理解できませんでしたが、何でも、カムシャフトを駆動するチェーンのピッチが画期的に小さくなったそうで、それによりエンジンが軽く滑らかで、ノイズも軽減されているそうです。日産の人はこのチェーンのことをサイレントチェーンと言ってました。

環境対策は2001年からの基準を先取りしているそうで、三本さんは、2005年くらいまで通用するすばらしいエンジンだ、と三本流合格点が出ました。

ただ、ツッコミとしては、ボンネットを開けたときエンジンの見た目が悪すぎると言ってました。この車に限らず、日産のエンジンはゴチャゴチャして見栄えが悪いそうです。これはコストをどこにかけるかという考え方にもよると思いますが、確かに新開発ですから、もう少し見た目もすっきりしてたほうがいいと思いました。

ハンドルはキビキビしていて、高速道路でいつもの急な車線変更でも、ロールが少なく安定していたように見えました。

車の出来はとてもいい反面、内装はチグハグな部分が目立ち、三本さんも細かいツッコミをしてました。たとえば、パーキングブレーキが変なところからニョキっと出ており、ATセレクターと干渉するほどの近さです。

また、運転席の足元になにやら盛り上がってる部分があって、三本さんはどうにも気になる様子でした。

しかし、荷室はとても広くて、使い勝手もよさそうです。アベニールの伝統らしいですが、後輪のダンパーは短いものが使われていて、荷室にでっぱりが無くフラットです。
また、ワゴンに必ず付いているトノカバーですが、トノボードと呼ぶハードタイプのもので、お風呂のふたみたいな折りたたむ形式のものが付いており、日産の人は、強度的には小さいお子さんだったら乗っても平気だ、と言ってました。

最後に、三清さんもトチってましたが、このアベニールという名前は覚えずらいと思います。もう少しインパクトのあるネーミングのほうがいいのではないか、と思いました。

さて、「新車情報’98」が放送されている放送局についてお知らせします。

テレビ神奈川TVK)42ch【制作】
千葉テレビ放送(CTC)46ch
テレビ埼玉(TVS)38ch
群馬テレビ(GTV)48ch
テレビユー山形(TUY)36ch
岐阜放送(GBS)37ch
三重テレビ放送(MTV)33ch
奈良テレビ放送(TVN)55ch
近畿放送(KBS)34ch
テレビ和歌山(WTV)30ch
テレビ瀬戸内(TSC)23ch
テレビ山口(TYS)38ch

この他に、各地のケーブルTVでも放送されてるようです。

私宛てに、「昔見ていたが、今は見ることが出来ません」とか「この番組を見た事がありませんがどうすれば見れますか?」といったメールを何通かいただきました。意外、放送の見れない地域にお住まいの方々にも読んでもらってることを知りました。

新車情報’98」を一度も見た事がなくて、私のメルマガだけを読んでいると、非常におもしろそうな番組に思えるようです。

「自分は車大好き人間なのにこの番組を知りませんでした。見ることもできません。無念の気持ちでいっぱいです。」とか、「まだ見ぬ三清さんが、夢に出てきました。」など、どんどん想像が膨らんでしまうようです。

しかし、私が言うのもなんですが、そんな「超」が付くほどおもしろい番組でもありません。私も最近はメルマガを発行する関係上毎週必ず見ますが、それまでは見忘れることもよくありました。

まだ見ぬ三清さんが夢に出てきた方も、現実の三清さんとはかなりギャップがあると推測されます。

とにかく、この番組を見るために引っ越すとか、そういうことは何か間違っている気がしますので、それだけは思い止まってください。

★次週の予定
ダイハツ・ムーブ